節税効果

  • 固定資産税が1/6軽減
  • 相続税を軽減
  • 土地の売却は税金がこんなに掛かる
更地などにマンションを建てると土地の「固定資産税」が1/6(都市計画税は1/3)に軽減
減額された固定資産税は、家賃収入から支払えて安心
更地などにマンションを建てると、土地の固定資産税等の課税標準額が下がります。

アパート・マンションはその1戸を1住宅と判定されますので、仮に12戸の賃貸マンションを1,500㎡の土地の上に建てた場合には、12戸×200㎡=2,400㎡>1,500㎡ですから敷地全体の固定資産税の課税標準額が1/6(都市計画税の課税標準額が1/3)の価格となります。

なお、この場合、敷地が2,400㎡を超えている部分については固定資産税の課税標準額は1/3(都市計画税の課税標準額が2/3)の価格となります。
敷地全体の固定資産税評価額が1/6になります。
▲ページトップへ
更地などにマンションを建てると土地評価額の軽減&借入金の控除で「相続税」を軽減。

賃貸マンションを建てる事で土地の評価額が下がり、さらにローン(借入金)による建築の場合相続財産からローン(借入金)の控除を行う事が可能です。

土地評価額の軽減で相続税評価額が2割軽減
相続税評価額21%〜24%減
建設資金の借入金が相続財産から控除
相続財産から控除
先祖伝来の土地を子供2人に相続予定
更地のまま
相続税4,620万円
賃貸マンション経営の場合
相続税0円
▲ページトップへ
更地などにマンションを建てると土地評価額の軽減&借入金の控除で「相続税」を軽減。
敷地面積1,000㎡
この土地を売却すると2,800万円の譲渡税がかかります。
▲ページトップへ